Cilver Creek
タウポ湖
「タウポ湖」
NZで最大の湖タウポ湖は、周囲が180`以上ありロトルアにも程近い北島の中央部に位置しています。トラウトが生息する有名なリバーが幾筋も流入しています。
「ロトルア湖」ニュージーランドの北島の中央部にあるロトルアは、大自然とマオリ族の文化に接する事ができます。オヒネムツ マオリ村。ガバメントガーディン。ファカレワレワの間欠泉。










北島
「NZ北島」
ニュージーランド最大の都市オークランドは、豊かなふたつの湾に囲まれたロマンに満ちた歴史の町である。
市街地は、ガーデンシティーとして多くの観光客が見学に訪れている。
美しい湖と、トレッキングに最適なルートがたくさんありますので、まさにアウトドアの天国。
ケア
ニュージーランドには、250種以上の鳥類が住んでいます。夜行性の飛べない鳥キウイも其のひとつ
で、国鳥に指定されています。

この他にも、ウエカ、プケコ、等も同種です。森の中には、インコの仲間が多く見られます。左写真の鳥は、ウエットハックルにぴったり?のケアです。大型の動物と言えば、熊はいませんが、イノシシが多く生息しています。
NZ航空
[Aer New Zealand]
「成田空港から、直行便で約10時間程でクライストチャーチ空港に到着。北島オークランド空港までは約一時間で到着します。」
      
「NZの季節」
NZ諸島は、南島と北島とでは、景観ががらりと変わってくる。
季節的には北島が一ヶ月程早い春を迎える。南島は、大平原とアルプス。そしてフィヨルド景勝地と変化に富んでいるが、北島の内陸部には山岳部と森林が多く見られる。
  
「ジャックが潜むシークレットリバー」
トラウトリバーも何処か日本の渓流に似ている。しかし、小さな渓流でも怪物が潜んでいるから要注意。
9フィート5番フロート四Xラインシステムで狙うのだが、下流に走られたら最後、一度も振り向かずサイナラ。
初めての方ならきっと驚く事でしょう。
「NZロトルアの夜景」 
北島オークランド空港から、小型 機に乗り換え約一時間でロトルア空港に着く。フィッシングガイドで有名な、マーリーが迎えに来てくれる。スポットライトが黒鳥ならぬ白鳥に見えます。 
 
ロトルアの夜景
「ヘリフィッシング」

NZでは、ヘリコプターのフライトフィッシングが手軽に利用できる。費用の目安は、30分で7万円(4名搭乗)前後で、国内と比べたら5分の一と格安。

それにしても、パイロットは素足にサンダル履きでした。話を聞けば、牧場の牛追い仕事だと聞いた。
ローター(回転翼)が樹木に触れそうな所でも平気で着陸してしまうから、渓谷のリバーを攻めるにはもってこいのフライトフィッシングです。


「ジャンピング」
緩やかな流れのポイントで、ゆっくりとフライに近づきフライを飲
み込んだ。ストライク!ガイドの声と同時にフックアップ。

其の瞬間、川面から一mも高く鮮やかな虹の魚体がジャンプした。
水深が浅いポイントでフッキングすると、見事なまでに舞い上が  る。そして、トラウトはフックを外してしまう。60cmクラスだと、ランディングまで約15分は掛かるでしょう。でも、このフィッシュタイムが最高の思い出になるのです。

 
 北島のジャック」
ランギタイキリバーのレインボーは、別名ジャックと呼ばれている。ヒット サイズは、60〜80cmもあり、その
体高は30cm近くあるモンスターだ。

タックルは、9フィート5&6番フロートライン。9フィート3X。このジャックは、ニ ンフ14番(10月のツアー)でヒッ
ト。NZ政府観光局イベントの、スポーツフェスト「ロトルアFF大会」で優勝。
北島のジャックロトルアFFチャンプ

「フィッシングコンペ」
タウポ湖に流れ込む小さな渓流で、70cmオ−バーのブラウントラウトをヒット。NZのFF大会ではこれまでに、ふたつのトロフィーをゲット。
FFマン
「現地のフライフィッシャーマンと言ったら格好いいのだけれど、左端の白髭老フィッシャーマンは、何とフライタックルは同じでも、フライフックに餌をつけていた。
中央のガイドに聞いたら、今晩のオカズを手っ取り早く取りに来たのだそうな。これには恐れ入りました。

でも、此処で話は終わらなかった。河原にポンコツ車(30年前の車)が置いてあったのだが、老人の車だった。何故知ったのかと言うと、帰り道の橋上でトラウトを見ていたら、アレヨ!アレヨと言う間にガイドの車に追突してしまった。
ブレーキが壊れていたらしく、土手に乗り上げながらスピードをセーブしたが間に合わなかったとの事。これには二度ビックリさせられました。
噂のお爺さん。  


 が
 噂
 の


 さ

  
アキ店長。
「アニフェノア湖のレインボートラウト」
ブラウン

ランギタイキリバー
ドリフトフィッシング
キャッチ

60cm級がヒットパレード
ランディングに苦労します。


撮影を手早く済まして
優しくリリース。

「マーリーアネッテファミリー」
北島で、一番人気があるFFガイドMURRAY DOWNIE。息子共々、私も何度かお世話になりましたが、とにかく「親切丁寧」「気さくで真面目」私の家にも、ファミリーで遊びに来ました。

詳しくは、Murray&Lynnette Downie
HPを御覧下さい。

アキ店長とマーリーファミリー
ブラウントラウト。
 
 
NZツアー」
毎年NZツアーを企画しています。NZには、たくさんの知り合い(ロッジ&ガイド)が居ますので、初めての方でも安心してWORLD FISHINGが楽しめます。

FFビギナーでも、半日もキャストしていると問題なくヒットします。
夕刻までには一人前の、フライフィッシャーになれるでしょう。