「郡山美味ラーメン探検隊。」
ヨシ爺の山里に中本賢がやって来た!
 
 蕎麦挽き職人物語  手造り豆腐教室  蕎麦屋包丁一代劇場  猪苗代志田浜温泉そば打ちDVD  湖南高原そば打ち職人
 ヨシ爺とアンディー
[俳優。中本賢が山里に遊ぶ]

◆ 映画。「釣りバカ日誌」やフジTV系列「晴れたらいいね!」
 現在は、「ヨコハマガサガサ探検隊」ラジオ日本パーソナリティーで活躍中の
 俳優 .中本賢が、福島県郡山市郊外にあるヨシ爺の山小屋に遊びにきた。



◆ ヨシ爺とは、KFB福島放送のアウトドア番組で3年前からコンビを組んでいる間柄だ。その中本さんは、Fly Fishingが大好き。フライ専門雑誌に、淡水魚の観察日記を連載している程だ。小魚の生態については、とにかく詳し
◆ 田んぼの掘割で繰り広げるガサガサ探検隊は、中本さんのライフワーク。03”TV新シリーズは、猪苗代湖をテーマにしてカヌー製作や水源のトレッキング。湖岸に残る宿場町の風情を訪ね歩きます。(5月から11月まで放映)
ガサガサ探検隊 ◆ 中本さんのフィッシュスタイルは、モロ掴み。タモすくい。
仕掛け。エサ釣り。ルアー&フライフィッシングと、多種多様に展開する。観ている者にとって、子供の頃遊んだ郷川を思い出しながら新しい発見。感度。興奮を呼び戻してくれます。

◆ ヨシ爺の小学生時代は、学校サボって魚捕りばかりしていましたもんね。この歳になって、またまたガサガサやるとは..!しかしながら、是が又おもしろいんですよ。私は、表向きはフライフィッシャーマンのような格好してるけど、ホントウの姿は山親爺だ!
畑仕事したり、道路の補修をしたりと、FlyRodならぬスコップと一輪車が相棒です!
☆ 街のネオンが恋しくねェ〜のかって? そう言う時代もありましたが、今では同じ仲間の?タヌキとキツネを相手にしています。
◆ 賢さんスタイル。オリジナルフライで連チャンモード!

◆ 8Fロッドに#4番フロートライン。9Fリーダーは6Xテップ。中本賢のフライフィッシング
セレクトフライは、ケンスペシャル。そのヒットアクセスは、ダウンクロスで流すアップドライテクニック!どんなキャスト法だと?解説のしようが見当たらないんだけど、分かりやすく言えばドライフライのミャク釣り?って言うとこかな。

◆ ロングキャストしている訳でもなく、ライズを狙っているとも思えないのに、どうしてこんなにヒットするんだろう!次々とテールウオークを楽しんでいる。こんな釣り方もあるのかと、遂感心しました。トラウトの習性を知っているので、喰わせ方を心得ているのだ。


「ケン流ヒットの極意。」
ヨシ爺とケン
◆ 私らは、やれ水棲昆虫がどうだの水温が低いだのと、能書きばっかり(最近のフライ雑誌の如く)言っているけど、腹減っていそうな魚の前にエサ(疑似鈎)を見せればいいだけだとか!恐れ入りやした...。

◆ 賢さんのFly Castingは、凄く素直なシューテングをしていました。
広いエリアを前にすると、殆どの方が最初からフルキャストを試みます。キャストレッスンをする場合でも、先ずは、15yd。20yd。とリストアクションを慣らしてからにしたいものです。

◆ ヨシ爺お勧めの激旨ラーメン「春木屋」

春木屋ラーメン「味の殿堂。春木屋ラーメン」

◆ 福島県郡山市は、白河市(白河ラーメン)会津喜多方市(喜多方ラーメン)と並んで、ラーメン店がひしめく県内一の激戦区でもある。
食べ物嗜好は、個性共々千差万別にして一つにあらずと申しますが、故郷の味を思い浮かばせてくれるのが、和風?味とも思える春木屋のラーメンだ。

◆東京荻窪の有名店でもある春木屋の分店だと聞いているが、基本的な味は同じでも、福島の気候風土に合わせていると言う。是即ち、ベストマッチングだと私は思った。札幌ラーメンを、東京で食べてもサッポロの味とは異な物で当然なのである。
◆ 春木屋の主は、冬の厳しい寒さと空っ風。さわやかな春風。蒸し風呂のような夏。彩りの秋。を、イメージングして四季の味を創作しているそうである。
難しい話は分からないが、私は春木屋ラーメンが大好き。


「私の好みはチャーシュー麺」

チャーシュー麺◆ ラーメン好きなら、いろんなメニューを食して楽しむかもしれないが、私はただ一つ。チャーシュー麺しか今だ食ったことが無い。春木屋に限らず、何処に行ってもチャーシュー麺一筋だ!
郡山市内はもちろん、旨いと聞けば各地に出向いて食するが、やっぱり春木屋のラーメンが旨い。しかしながら、ハッキリ言って取り分け凄く旨いとも思わないのだが、何故か腹が空けば思い出してしまうのである。


これには秘密があるようだ。魚類や動物には、故郷回帰現象が血筋(DNA)によって組み込まれている。出汁(スープ)の具(材料)は定かでないが、日本人が太古から嗅いで来た和風の味がインプット(混入)されているのかも知れない。季節の変わり目になると、スープの濃さと麺のコシ。ちりちり麺の太さも変わる微妙な変化が、郡山の味を引き出しているのかもしれない。


ギョウザ「人気の春木屋餃子」

◆ 私は、餃子は大嫌いだ!と言うよりも、シューマイやギョウザは食わず嫌いなのだ。
どうしてか自分でもわからない。人の噂では大分旨いらしいのだが、ギョウザはとにかく好きではない。
だから、コメントのしょうがありません!

店内

「店内に響く声」
いらっしゃいませ!
ビックリするぐらいデカイ声で挨拶をするスタッフ一同。
取り分けデカイのが主だ!


春木屋 郡山分店
郡山市桑野2-16-13 郡山郵便局から200メートル西に進んだ右手

手塚さんと中本賢。「食通で知られる中本賢が絶賛」

◆ 俳優.中本賢さんが郡山ロケに来ると、又食べたいナァ〜春木屋のラーメンと言う。待ってましたと、私もお仲間に入って食べに行く。
◆ ガサガサ隊のロケはとにかくハードなのです。道無き道をさ迷いながら山登り。ある時は、水路に嵌ってさぁ〜大変。色気も無しに頑張っているのです!せめてロケ弁ならぬロケ麺ぐらいは奢って貰わないと張り切れませんからね!KFBディレクター殿.
■<中本賢パーソナリティー。ラジオ日本>
このHPはヨシ爺のOriginal .Magazine です。