Cilver Creek
 [Alaska]
 アラスカ第一の都市アンカレッジは、雄大な自然を背景に発展した美しい町です。
 市街は、碁盤のように整然と区画されているので、初めての方でも迷う事はないでしょう。 いつ来ても
 ワイルドなフィールドに感動します。是非あなたも機会が有りましたら、Natural Field In Alaskaに旅を
 して見ては如何でしょうか。
ANCHORAGE


フロート飛行場


タルキートナ


デナリパーク



コロンビア氷河

[Alaska Fishing Field]

アンカレッジ市内にあるフッド湖は、フロートプレーンの飛行場である。ここから北に約1地時間30分程でシルバークリークに到着する。

◆キングサーモンを狙うなら、6月下旬〜7月初めまで。シルバーサーモンは8月上旬頃にやってくる。レッドサーモンは中旬頃になる。
地域によっては、多少遡上期のズレは有りますので、釣行日程をプランする時は、何時。何処で。何を狙うか.等を先ず考慮するといいでしょう。貴重な時間を割いて行くのですから、旅行社などから情報の収集もしておく事。其れも楽しいですからね。
フライキャスト [Fly Fishing Tackle]

◆グレイリングやレインボーを楽しむなら5番から6番。チャムサーモンやレッドを狙うなら7番〜8番ぐらいで間に合うでしょう。しかし、キングサーモンを狙うとなったら9番は必要になります。ホーマー
何しろ20キロ前後の巨体ですから、口の中は土管と同じです。低番ではフッキングさえできません。


◆キャストワークは、川の深度に合わせてアップクロスにシュート。ラインは、30Fシンクですから着水と同時にラインの緩みを取る程度リトリーブします。
フックアップ 「フックアップのタイミング」

◆使用するフライは、#4番前後のストリーマ系なのでリーダーは12F.0X〜モノフェラ5号まで使用します。(魚種に合わせて)流れよりも少し早めにリトリーブしていますと、ガツンと衝撃が走ります。

もちろん、一気にフッキングパワー(ストライクアクション)を加えます。この時、猛烈に走り出しますので余分なラインは素早くリールに巻き直して対処します。

◆ハンドスイスとはしない方がいいでしょう。一発で切られます。中には、ラインごとサヨナラです。
ストライク 「ランディング」

◆60cm未満のサーモンらハンドキャッチできますが、10k以上のキングサーモンになりますとネットなしでは不可能です。

バロー◆どうしても一人の場合、ルアーフィッシングなら浅瀬にズリ上げてしまう。フライタックルでは、
其れができませんので助けが必要となります。
それも、ワイルド ライフならではの醍醐味とスリルかも知れませんね。
私は、強引だからバラシテばかりいました。