Cilver Creek
アラスカマップ
「ウナラクリート」
エスキモーの民族衣装。
民族衣装の女の子
北極キツネ
「愛くるしい北極キツネ」
 ノームは、ベーリング海に突き出たスワード半島の南岸にあり、北極圏を代表する町です。
ゴールドラッシュの時代もありましたが、今でもその面影が僅かばかり残っています。人口の70%がエスキモーが
占めている静かな町。中でも、アンカレッジからノームまでの世界最長犬ゾりレースが開催されている事で知られています。


北極圏のブルースカイ

ツンドラのノームリバー。」
アラスカのアウトドアショップ
「アラスカのアウトドアショップではフィッシングタックルは勿論アウトドア用品が全て揃っている。銃器も見られる」
ユーコン川  
 「ユーコンリバー 」

アラスカの大地を横断するユーコン川 。この流域には自然と人間との共存の世界が 広がっている。

 今回のツアープランは、アンカレッジから北に位置するウナラクリートです。
 この辺りまで来ると、さすがに釣り人は余り見当たりませんから、壮大なスケールの中でダイナミックなフィッシングが楽しめます。
        
    「オーロラとサーモンの楽園
 遥かなる北極圏に位置する、アラスカの大地。
アラスカ州アンカレッジ空港から、小型ジェット機でユーコンリバーを飛び越えると、約一時間20分でノーム空港に着く。
 ウナラクリバーを、ジェットボートで上流に向かうと、ログハウスの大きなフィッシングロッジがある。

ゲスト用のロッジは数件有るが、メインハウスは食事やミーティングに使われている。海が近いので、ズワイガニは山盛りボイルされてテーブルに並ぶ豪華さです。

アラスカ ロッジ
ツアー仲間
「フィッシング フレンズ」
ロッジ
「ロッジ」
海産物が食卓に。
「豪華版ディナー」

     「北極のキングサーモン」
ベーリング海から遡上するキングは、恐ろしくパワーがある。HLSオービス9番ロッドを、限界まで折り曲げても振り
向きもしないで
サイナラ。
 サーモンと一緒に河原を走り下り、どうにか浅瀬にずり上げて、ほっと一息添い寝する
その位いビッグパワー全開。
 
           「 ジョーズではありません。    
                    
キングサーモン
サーモンFF
「何でこんなに釣れるんじゃ−。」

サーモンがハイジャンプ。リールは唸りを上げてラインが飛ぶ。

とにかく、アラスカファイアーフライは良く釣れました、花田さんいわく。
キングサーモン
ガイドさんとポーズ。
「ヒット15連発。ガイドのアドバイスで
    見事にゲット。恐れ入りました。」
 
    「フィッシング タックル」
ラスカの釣り期は、サーモンの遡上期によつて差は有るが、キングサーモンなら6月中旬〜7月上旬頃。レッドサーモン&シルバーサーモンは、7月から8月頃となる。

FFタックル:9フィート8&9番ロッドに、タイプUシンキングライン。12フィート0Xリーダー。
グレイリングやレインボークラスなら、9フィート6番フロートでOK。
ウナラクリバー
    「ルアーフィッシング」
小さなイヌイットの村があるだけのノーム。
ここのキングサーモンは、20キロ以上のモンスター揃いだ。このツアー最大のキング25キロが、ルアーで狙っていた森さんにヒット。

このツアーでは、森さんが5匹のサーモンをゲット。帰りの魚体が多すぎて、釣果料金をしっかり取られました。釣果は、程々がいいようで。
 ロッドは9〜12フィートミディアムタイプ。ルアーは、20グラム前後のサーモン用スプーン。
 

森さんキングサーモン

20キ`オーバーのキングサーモン。
キングサーモン。
「キングサーモン」
ドリーバーデン。
「ドリーバーディン」
グレイリング。
「アラスカの宝石グレイリング」