ガン入院前日の畑仕事  ◇がん宣告と治療ガン宣告「生きる失望と余命の段取り」 ◇入院ライフの楽しみはお食事 激しい目まいに襲われた!
 「末期ガン退院して三週間ぶりの畑仕事」  ◇闘病中ヨシ爺の「蕎麦の龍」  退院翌日の畑巡回 ◇退院8日後の畑仕事 
№1  №2  №3  №4  №5  №6  №7  №8  №9  №10  №11  №12  №13  №14  №15 
イメージ 1


がん手術入院から20日で退院。
その一週間後に、体を動かそうと畑仕事に出かけました。

今日の天気予報は、曇りのち雨。
畑の所在地は、須賀川市岩瀬地区。
我が家から早朝なら約20分で着く。朝5時に起床して朝シャン。身支度を整えて水分補給用のボトル3本と氷を持参「。目的は、退院翌日に残してきた畑土手の草刈りだ。曇りで多少ぱらぱらと小雨模様。これなら体調が半日は持つかと思った。
イメージ 2
畑は約一反分(300坪)ほどあるが、その周囲の土手は幅約4m。
総延長距離は400mもある。急斜面もあるので、腹筋を使うが術後のため痛くてしょうがなかった。ベルトを肩まで紐で吊るして(ヘソの右横に小腸を出しているから)の作業だった。


 イメージ 3  
約3時間ほどで一応終了しました。
もちろん30分ごとに休憩と水分補給は欠かせなかった。
草刈りが終了したので、気分良く寝られるかな?
それはちょっと甘いです!!3時間ごとに人工肛門の排泄管理があるからです。
半年後に、今出ている腸管を繋ぎ合せて、正常に戻せる日を心待ちにしています!!!!
「翌日の朝。疲れ果てていました!体調回復は、未だ60%かな。」
youtube

  ◇youtube
調子が良くなると、薬も飲まず好きなものを喰っちまう俺の性分は、死ぬまで直らないかな。
ただ、今回は少し懲りましたので、少し節制しなきゃね!こんな惨めな体じゃ好きな温泉どころか家の風呂にも入れないし、飯より好きな女も抱けません!腹から生の腸が二個も出ているんだもの、痛くて歩くのも辛くまさに毎日が地獄です!!!